生きる事って何なのかとブログを書く理由

 生きる事に対して理由とか意味とかって考えたりする事

たまにあるんじゃないでしょうか。

 

 

 

僕は真面目なので、

物心がついた瞬間くらいから事あるごとに考えています。

 

その時々で結論はかなり違うのですが

 

平成もまもなく終わるようなので現時点の結論を明確に書き残しておこうと思います。

ちょっと備忘用の要素が強いのですが、ご興味お持ちいただける方は読んでいただけると嬉しいです。

 

 

生きる事って何か

 

生きることは表現すること

 

どん!

 

いきなり結論です!

 

で、意味や理由っていうのはその表現次第でできていくものだと思います。

 

誰かから生きる意味とか理由を与えられて生を受ける人ってなかなかいないんじゃないでしょうか。

 

だから、感じた事・学んだ事を自分のフィルターを通して表現し

それを受け取ってくれた人の反応があって初めて意味や理由がつけられていく、

共同制作物だと思います。

 

 

 

 

これは大学生の頃に、日頃思っていたことが

あるきっかけによって確定されたというか、言語化できるようになったことです。

 

そのきっかけとは、

 

大学生の頃僕はシェアハウスで暮らしていたのですが、

 

みんなが出かけている日に、本格的なパエリアを作って一人で食べて

個人的に大満足していたら、

 

何かのきっかけで、僕がパエリアを一人で作って一人で食べたことに気づいたハウスメイトから

「手間とかお金かけて料理作っても知らない人からしたらカップ麺にお湯入れて食ってるのと全く変わらないんだぞ」

 

って言われたときに

 

なんか、目からうろこが落ちるくらいの衝撃がありました。

 

その衝撃について長い時間をかけて考えた結果、

 

 

この話を極端にしてみると

 

生きてる事を誰も知らなければ生きていないのと同じ

 

と言うこともできるなと気づきました。

 

 

その頃から僕は人に向けての発信を意識的にするようになって、

SNS投稿やブログを書くようにもなりました。

 

ただ、その頃のブログ発信のモチベーションは数少ない読者(月間約300pvだったような気がします)だけだったので、

 

大学生活が終わると同時に時間の余裕がなくなり一切投稿をしなくなってしまいました。

 

 

その後、会社員になってからの生活を考えると、

・平日は会社と自宅の行き来をするだけ

・会話は業務で関わる数人だけ

・自分の考えが仕事に反映されることなんてまあほとんどない

 

これに前述の僕の定義「生きることは表現すること」を当てはめたときに

 

僕は今、ほぼ生きていないのと同じ

 

って思いました。

 

つい先日ブログを書き始めた今

アクセス解析に引っかかるのは自分のアクセスだけなので、

 

今のところは生きていないのと全く一緒です。

 

ただ、会社員だけの自分より希望はあります。

 

日本語での発信だとしても1億人、英語でならもっと大きな数の人が見る可能性がある場所に僕の表現を残しているから、

 

たまたま見つけてくれて、更に理解してくれる人や賛同してくれる人が

今後少しずつでも出てくると思うと大分希望が持てます。

 

 

 

今後とも、

より強く生きていくために

少しでも誰かのお役に立てるように

頑張って投稿をしていきますので

 

どうぞよろしくお願いします。