【禁煙】5年間吸っていたタバコをすっぱり辞められた 4つのステップ

 f:id:shigotology:20181116100413p:plain

禁煙に成功してから改めて振り返ってみると、

喫煙していた期間って5年もあったんだなぁってしみじみ思います。 

 

「喫煙に成功」なんて書くともの凄い苦行をやり遂げた感が出ちゃいますけど、

そんなにつらかった思い出は無く、割とすんなり要らなくなったという感じでした。

 

ただ、

なんとなくやってみたら禁煙が出来てしまったのではなく 

辛くない禁煙になるように段階を踏んだから平気だったと思います。

 

今回の記事はその方法について書いていこうと思います。

 

それではどうぞ!

 

 

 

喫煙歴

 

喫煙本数:6~12本/1日 (大体1か月に1カートン強です。)

期間:2013年2月頃~2018年6月

主な銘柄:Seven Stars Menthol 5mg, Caster 5mg

   等、タール含有量が5mg程度のやつが多かったです。

 

 

1.禁煙を簡単な事という風に認識を変える

 

禁煙を志すにあたって僕の身の回りで

体験談をいろんな人に聞いてみた結果、

 

10人中8人が禁煙を試みて失敗していました。

 

喫煙を再開してしまったタイミングはこんな感じでした。

 

・お酒を飲んだ時

・イライラした時

・知人が喫煙しているところをみたとき

・喫煙者のにおいをかいだ時

 

大体こんなところだったのですが、

一旦これは忘れてください。

失敗した人の言い訳なんて特に大きな意味は持ちません。

 

調査をする中で、

僕は禁煙負け組の皆さんからある法則を見つけました。

 

かまってちゃん・いじられキャラが多い

 

これです。

 

禁煙は副産物として、人の興味を引くことが出来るんですよね。

 

・禁煙をする宣言

・禁煙期間中の進捗報告や感想

・禁煙失敗後のいじられ

 

というように、会話の中心に自分がいられる機会が増えるんです。

 

非喫煙者からしても、禁煙なら話に入れるし、

臭いや当人の健康の事を考えても禁煙してもらうに越したことは ないから

興味をひくんですよね。

 

かまってちゃんは、そんな策士じゃないからそこまで考えないだろ、

なんていう方がいらっしゃるかと思いますが、

 

人の注意を引きたいというのは潜在的な欲求として、強弱はあれど皆さんが持っているもので、 

深く考えなくても自然とそういう行動がとれちゃうひとって少なからずいるんです。

 

 

こちらもあくまで僕の印象ですが、

 

今回の調査対象の禁煙挑戦者10名中の勝ち組2名は、寡黙な方々で

周りの人が「タバコ吸ってたなんて知らなかった」て言うくらいに

喫煙歴についても禁煙についてもあまり語ってこなかったようです。

 

 

このように、禁煙に失敗してる人を冷静に観察した結果、

 

本当に心底タバコを辞めたい人の割合は極めて少ないように感じられました。

 

失敗の割合だけを見て、禁煙は大変な事だと結論付ける事は簡単ですが、

解答者の人柄や日々の行動も含めて考えたときに

 

禁煙が難しい事というのはかなりバイアスがかかった意見だ

という結論に至りました。

 

 

2.依存との決別

 

タバコへの依存ってどうやら3種類あるようです。

 

「身体的依存」「習慣依存」「心理的依存」

東洋経済ONLINEよりhttps://toyokeizai.net/articles/-/186575

 

依存・受容体・セロトニンドーパミンとか難しそうな言葉を並べられると

なんか分からないけど説得力があって、

 

「禁煙ってやっぱり難しいのかな...」

 

なんて思ってしまいそうですが、

 

要は、

徐々に依存していったのと逆に、

徐々に減らせばいい

 

っていうだけの話だと思います。

難しく考えたところで誰もセロトニンを肉眼で見たことなんてないんだから

実感のわかない話は参考までにとどめて深く考えないべきです。

 

 

で、僕が依存と徐々に決別するために行ったのは、

入手経路を減らす事です。

 

普通に流通している銘柄だとコンビニに行けばあるので、

通勤経路内だけでも18か所で購入が出来ます。

 

そこで僕が考えたのは、ちょっとレアな銘柄に変える事です。

 

品揃えのいいタバコ屋さんに行くと、

普通のコンビニでは買えないものがたくさん置いてあるので、

 

その中から好きなパッケージデザインや匂いで本当にお気に入りのタバコを探します。

 

僕はバニラの甘い匂いがする輸入物のタバコが気に入ったのでそれを選びました。

 

その銘柄が手に入るのは、

通勤経路内で途中下車をしたら2か所

少し足をのばして3か所

なので、生活県内であれば計5か所しか無く、アクセスがかなり悪くなりました。

 

こうなると必然的にタバコを大事に吸うようになり、

喫煙頻度が落ちます。

 

この時に大事なのは、

本当に好きな銘柄を見つける事でタバコを切らしてしまった場合に

近くのコンビニで代わりを買っても満足できなくする事です。

また、一回に買えるパック数を制限するというちょっとした自制も必要です。

 

ポイントとしては自分の意思に頼る部分を減らすという事が大事になってきます。

 

最初にルールを作ってしまい、

あとは普通に生活をする中で減るように仕向けるという事です。

 

3.タバコの良い要素を考えたうえで代替品に切り替えてみる

 

喫煙本数が減ってきたところで、次のステップとして行うのは

タバコを吸う瞬間の喜びを特定することです。

 

タバコを吸うときの要素が一つ欠けたらどうなるんだろう

って改めて考えてみました。

 

匂い・色・ゴミなどの要素は、僕にとっては無くなって一向にかまわない

完全に不要な要素です。

 

非喫煙者から臭いって言われることも、

喫煙所の壁や換気扇回りのヤニがこびりついた色も、

喫煙する時に出る灰やフィルターなどのゴミも、純粋に要らないと思うのですが、

 

 

煙を吐き出す爽快感は、かなり重要なのではないのでしょうか。

 

少なくとも僕にとっては、タバコを吸う理由の大半を占めています。

 

そこで僕は煙に注目して、

VAPEと言われる水タバコ(ニコチンを含まないやつ)の

ポータブルデバイスを試してみることにしました。

 

煙の量で言えばタバコの約20倍で (僕の感覚です。)

まさに爆煙!!!!!!!

 

爽快感が半端ないです!

 

味や匂いは甘くておいしいし、ゴミも出ないので僕的には

「これでいいじゃん(*ˊᗜˋ)σ」

 

という感じでした。

 

ここで、ついにタバコを吸う本数が0本になりました。

 

 

4.最終確認

 

タバコを吸う事が全く頭をよぎらないかと言えばそうではなく、

 

たまに強いストレスがかかった時などに

「そういえばこういう時にタバコ吸ってたなー」って思う事がありました。

 

僕にとっては、タバコを吸わなくなってから約4か月たった頃、

 

以前の記事にも書いたのですが、現在の会社に退職しますと告げた時は

 

経験者の方の多くは分かっていただけるのではないかと思うのですが、

もの凄いストレスを感じる経験でした。

 

その日の帰り道、大きすぎるモヤモヤを抱えたまま家に帰ることが出来ず、

お酒とおつまみを買って家の近くの公園に行くことにしました。

 

その時にふと、以前はこういう時にタバコ吸いまくって気持ちを落ち着けてたなー

と思い出し、衝動的に以前買っていたタバコを注文していました。

 

その後公園に行ってお酒を飲みながらタバコを吸うのですが、

4か月ぶりのタバコはむせて吸えないし、

ちょっと慣れて吸えるようになってきても単純に味がおいしくなかったし

すごく気持ち悪くなりました。

 

10本程吸ってみてやっぱりダメだったので、

ほかのゴミと一緒にタバコを箱ごと捨てました。

(※吸い殻は持ち帰って処分しました。)

 

それ以来僕は一切タバコを吸っていないし、

頭をよぎる事すらなくなりました。

 

嫌なことがあったあとのヤケ飲みをしているときに試したことで、

嫌な経験とタバコの最後の印象が心理的に関連付けられたのもよかったのかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

このように僕は、

 

・禁煙に対する難易度の認識を「案外簡単だ」という風に変える

・タバコへの依存を減らす為に入手経路を限定することで喫煙本数を減らす

・タバコの代替品としてVAPEを使う事で禁煙した瞬間をぼかす

・最終的にタバコが要らなくなったことを確認する

 

というステップを踏むことで、

大した苦痛も無く完全に禁煙をすることに成功しました。

 

上記の通りまとめたこの方法の意図を外さない範囲で

自分に合うようにカスタマイズをすれば、

 

禁煙をしたい皆さんも高確率で成功にたどり着くのではないかと思います。

 

やってないので僕は分からないのですが、

一切の策無しにいきなり禁煙し始めるのって

すごく難しそうだし、昭和の根性論な感じが時代にそぐわないですよね。

 

 

試された方はよろしければ、ツイッターやコメントで進捗や感想をお聞かせくださいね!

 

 

 

ちなみに...

代わりのように吸っていた水タバコも、

輸入物のレアな銘柄のタバコに変えたときと同様に入手経路が限られるのと、

バイスのメンテナンスにちょっと手間がかかるので

 

60mlのリキッドを月に一本買うくらいに落ち着いています。