渋谷のハロウィンを批判する人って、楽しむ側になれないから嫉妬してるんじゃないの?

 

ここ最近は毎日のように渋谷ハロウィンの話題ばっかりがいろんな時に聞こえて来ました。

そんな、渋谷から日本全国を騒がせていた『渋谷ハロウィン問題』ですが... 

 

僕は憤慨している!おこっている!

 

何でおこっているのかっていうところをこれから書いていこうと思っているので、

軽薄で短絡的な批難ばっかりの世論に飽き飽きしてる皆さんは、読んでいってね!

 

 f:id:shigotology:20181106040724j:plain

あの期間渋谷に遊びに行った人ってホントに悪いんですかね?

 

まず、渋谷ハロウィン問題の何が問題視されているかを整理すると、

「ゴミ問題を中心にマナー違反を連発する若者のモラルの欠如!」

皆さん言ってる事って大体そんなとこ。

 

これに対して僕が思うのは、あの期間に渋谷に遊びに行った人達って

別にみんなが倫理観を著しく欠いているっていうわけでもないと思う。

楽しそうな事があったら行って参加したいって思うのは至極当然のことで、

その時にお酒を飲みたかったり多少騒がしくなっちゃったり、

大なり小なりトラブルが起きるのもまた当然のことですよね。

 

そんな中で、みんな自分のごみは自分で持ち帰ったり多少の騒音も出さないで終電前に大人しくお家に帰るなんて、そんなことあると思いますか?wwwwwwww

 

いや、ない!

 

誤解が無いように書いておきますが、今回に限らずここ数年の渋谷のワールドカップやハロウィンの時の問題は決して褒められたもんじゃないとは僕も思っています。

 

ただ、ある程度はまあ、仕方ないのかなと。

 

一方その頃平和主義の僕は...

 

ちなみに僕は、都内在住でハロウィンの週も普通に仕事したり日常生活を送っていました。

ハロウィン期間中に、東京23区内の西側にある自宅から中央/南側にある職場までを数往復した中で、

渋谷ハロウィン関連で僕がどれくらいの迷惑を被ったかも一応ご紹介しておきます。

 

そもそもこういったイベントを楽しめるタイプでは無いっていうのがもうわかりきっているので、会社から自宅へのルートは大体5つあるうち、

【渋谷駅を通る路線】【渋谷駅】を、可能な範囲で避けた経路を選びました。

 

そうしたところ、遭遇したハロウィンっぽい人は、

・2人組のミニスカポリスの女の子@新宿駅

ガールズバーの客引きのお姉さん@自宅最寄り駅

だけでした。

 

迷惑はゼロ。実感としては「ほんとにハロウィン盛り上がってんのかな?」ってくらいで、主観的には渋谷を避ければマジで何にも無かったです。

(※渋谷が生活圏内だったり通勤ルートの皆さんに置かれましてはドンマイです...!)

 

そんな実体験から考えて、渋谷ハロウィンは社会問題みたいになってるけど

それに関して苦言を呈している人のうち大多数は、

中国人の当たり屋的で、文句を言いたくて言いたくて仕方ない人達なんじゃないかなって、

ちょっと思っちゃいます。

 

渋谷区の対応

 

ここまで読む限りだと、僕の考えは

 

ハロウィンを楽しむ人たちは別に悪くなくて、

批判したい人たちが大事に仕立て上げているだけ

 

みたいな風に聞こえてしまうかもしれませんが、全然違います!

 

そもそも言いたかった事はこれ!

 

結局はチカラがある人が環境を整えないから

問題は起こるべくして起こっている!

 

っっっこれですね!

 

今回の問題に対してチカラを持っている人達の筆頭は、

やっぱり渋谷区なのではないでしょうか。

 

実際渋谷区はいくつか事前に対策を打っていました。

 

・周辺のコンビニにビンのアルコール飲料を売らないように依頼

・迷惑行為をしないように呼び掛け

・終電で帰るように呼び掛け

 

公式の声明からわかるのはこんなところです。

 

 

これって...結構、論外...じゃないですか?

思慮浅薄!考えがもうあさうすです!

 

学校の先生対生徒じゃないんだよもうちょっと考えて!

 

 

例えば広告代理店でハロウィンイベント運用の打合せをしていたとして、

 

「トラブル回避のためにツイッターとかで呼びかけましょう!」

 

だけしか考えてなかったら心底バカにされると思うし、その後の発言全無視されるレベルだと思う。

 

 

その点、一般に向けてその発信を実行して、事後に、

あれだけ言ったのに聞いてくれない!って憤っていた渋谷区についてはさすがお役所仕事だなと。

www3.nhk.or.jp

(※追記:渋谷区長が「じくじたる思いです」ってコメントしてるインタビュー記事、消されちゃってるんですね...。) 

 

一般企業に勤める僕としてはなかなか理解しがたいお話でした。

 

僕もイベント失敗した後、クライアントに

「じくじたる思いです...」

って言って片づけてみたい!wwwww

 

解決策

 

じゃあどうしたらいいんだっていうところを書かなかったらそれこそ無責任だと思うので、書いていきます。

 

入場無料で音楽フェスみたいに、代々木公園内に複数のステージを作ってアーティストとか芸人さんとか、時代的にYouTuberとかを呼ぶイベントをしたら楽しいイベントになると思うんですよ。

 

いまの渋谷ハロウィンって自然発生的なイベントだからやっぱり楽しみが大して無くて、不完全燃焼な若者が盛り上がろうとした結果、迷惑行為とか逮捕騒ぎみたいになっちゃうっていう事も大いにあると思いませんか。

そりゃ軽トラだってひっくり返るだろうし、爆音で音楽流す車だって現れるでしょう。

 

需要・集客に関してはもう保証されているようなものだから

事前告知とかにかかる費用もだいぶ抑えられるだろうし、

 

企業の協賛金やイベント会場で物販や飲食ブースを出してもらうときの出店料があれば、入場料が無くたって

ステージ出演料、各種設営費用、ごみ処理、警備...とかとか、

色々かかる運営費用を賄ったって利益が出るんじゃないかと思います。

 

周辺に無料シャトルバスを走らせて、渋谷区内のクラブやライブハウスでも連動でイベントをやってそっちにもお金が落ちるようにしたら地域の人達だって無碍に反対して邪魔してくることはないと思います。

 

みたいな。

 

別に「これは画期的なアイディアだ!」なんて思いながら書いているわけでは無くて、

「当然の流れでそうなりそうなもんだけど何でやらないんだろう」っていう感じです。

 

 

もしかしたら、僕の知り得ない内情や都合があったりするのかなと思ったりもしたけど、

上記のリンク先の記事にも書いてある通り、渋谷区としては代々木公園を会場にする事も検討中だそうです。

 

ここ数年毎年起きている問題で、今年に関しても安易に予想できたことだから

(実際渋谷区も予想をしていたから事前に広報からの気休めツイートがあったわけだし)

 

単純に「じゃあやれよ」って感じですけど、

まあ、お役所仕事でそこまで対応するのはモチベーションやスピード感的になかなか不可能なレベルなんですかね。

 

もうどこかしらの一般企業とかが主催やっちゃって利益も出しつつ渋谷ハロウィン問題を解決したイベントとしてイメージアップもしちゃえばいいんじゃないかな。

 

ちなみに僕は会社員としても個人としてもチカラが無さ過ぎてできません!

人を動かすのにはチカラが必要だからね!

 

主催者から某広告代理店に依頼があって、僕が担当になったら全力で頑張りますが...

すでに退職を決めている以上、万に一つも可能性が無いことになっちゃったんですよね。

 

となると、理想ばっか語って結局何もできないヤツ(自分)より

翌朝ゴミ拾いしに行くボランティアの方がよっぽど偉いですよね。

根本は何も変わらなくたって状況は改善しますからね。